保険見直しおすすめします!見直しのチェックポイント

保険という商品は、一度入ったら月々の支払いも引き落としてあるからと忘れがちになります。しかし、どんな世界でも同じように、保険の世界も日々進歩し次々と時代に対応した商品が出ますから、時期が来たら見直しをする必要が出てきます。
 では保険見直しの時期とはいつでしょうか。一番判りやすいのは環境が変わった時。例えば結婚した、妊娠した、出産した、子供が自立した、学生がいなくなった、などの時ですね。子供が生まれたらそのこが成人になるまでは保護者の責任がつきますから世帯主などの死亡保障もそれなりに必要になります。しかしその子供が学生でなくなり、自立してしまったら親の保障は死亡保障から病気への対応や年金へと変えるべきですね。保険見直しには加入中の保険会社から保険見直し時期ですよとお知らせが来るまで待たないで、自分達で変えるべきだ、というタイミングを計ることがおすすめです。
 チェックすべき項目は主にこの3つ。死亡保障の金額、多くも少なくてもいけません。医療保障は現代の医療にあったものになっているか。古すぎる医療特約は持っていてもあまり意味のないものが多いです。それから保険料です。一般的には年齢に応じて保険料は上がるものですが、保険見直しをすれば他の会社にもっと安く必要なものが揃っている商品というのはあるものです。おすすめは一つの会社に縛られない第3者的目線でみることが出来るファイナンシャルプランナーに相談することです。

保険見直しおすすめします!保険を選ぶときのポイント

保険見直し時の選び方はポイントがあります。まずは現在加入している民間の保険で、どういった保険内容になっているのかの確認が必ず必要です。そこで足りていない部分はないかをよく考えて、場合によってはファイナンシャルプランナーなどの専門家からおすすめの保険がどれかについて助言を受けるのも一つの方法です。よく市役所での無料相談会や商工会議所なども無料の講演会を開いたりしていますし、大型ショッピングモールなどでは常設で無料で相談を受けていたりします。こうしたものを利用しながら保険見直しを考えていく方法もあります。
保険見直しではさらに公的医療保険の使える部分についてもよく考慮することが大切です。おすすめなのは、メインの保険は公的保険で補って、そこで足りない部分を民間の保険で補うようにすれば、毎月の保険料の支払額をぐっと少なくすることが可能な場合もあります。
高い健康保険料をほぼ強制的に支払っていますから、使える制度はしっかりと使う必要があります。公的医療保険でたとえば高額療養費制度を使用すれば毎月の医療費に限度額が設けられますから、そこまでで医療費の支払額を抑えることができます。社会保険はいったん支払った後に翌月以降に一定額が還ってくる制度を取っています。このことをよく理解した上で、自分たちにとってどれが一番良いのか保険見直しを行い、保険料を安めに抑えながらよりよいサービスを受けられるように考えていくことが重要です。

保険見直しおすすめします!保険見直し時のデメリットについて知ろう

最近はテレビのCMでも保険見直しを呼びかけるようになりました。気軽に相談できる店舗タイプの代理店も増えています。確かに加入して5年以上経過している保険については見直すことをおすすめしますが、保険見直しにはデメリットが付きものであることを忘れてはなりません。
生命保険や医療保険については、現在加入している保険の加入時の年齢や健康状態によって保険料が変わります。加入時に確認した保障内容を変更せずに新しい保険に入り直した場合、年齢を重ねた分だけ保険料が高く設定されている保険商品があります。
時代にニーズに合わせた保険見直しは確かに有意義です。しかし、健康診断の結果が思わしくなかったなどの場合、目的の保険に加入を断られる可能性もあります。また健康状態に問題がなくても、すでに加入済みの保険との通算金額で検討していた保険商品や保険会社に加入を断られることもあります。
おすすめの保険見直しの方法は、現在の加入済みの保険に特約を付加する方法ですが、保険業界も競争が激しいため、全く別の保険商品が魅力的に感じることがあります。複数の保険会社の保障内容を吟味するのはもちろんですが、なぜその保障が生まれたのかの背景を知ることも重要です。現在、主流は医療保険といわれていますが、病気の最新の治療方法や健康保険制度を知ることで必要な保障などを考えることが出来るでしょう。ただし、現在治療中の病気や最近の怪我の治療などを加入申込時に申告をして、不担保の条件がついたりするデメリットもあるので、パンフレットや約款などをしっかり読み込むようにしましょう。